消費者金融

消費者金融が儲かる仕組み

90年代の後半、バブル崩壊後の不良債権を抱えた多くの金融機関は、莫大な営業赤字に陥っていました。そういった社会的な不況の状況下の中で、消費者金融のみが空前の営業利益を出していたのです。

なぜ、銀行などの金融機関が不良債権を抱えて赤字経営に陥っているにもかかわらず、消費者金融のみが黒字経営をしていたのでしょうか?それは、次に紹介する消費者金融の仕組みを見ればお分かりいただけると思います。

資金調達の違い

銀行や信用金庫といった金融機関は消費者金融と同様、お金を貸し付けて利益を得ているわけですが、その元となるお金(原資)の調達方法に決定的な差があります。銀行や信用金庫は庶民からお金を集める預金業務を行っています。

これは銀行などの金融機関にのみ寄与された業務であって、消費者金融には認められていません。

したがって、銀行や信用金庫が取り扱う個人ローンの原資は、庶民から集めた預金ということになります。現在のようなゼロ金利の時代においては、殆どただのような資金を豊富に使えることから、銀行の取り扱うカードローンが低金利になる理由です。

一方で、消費者金融は融資をするための資金をどうして集めているかといいますと、一部は資本市場から直接調達をしていますが、大部分は銀行や生損保から借り入れしているのです。

もちろん、タダで貸してくれるわけもなく、金利を支払って銀行などから融資を受けているわけですが、つまり金融機関からお金を借りた上でそれを庶民に貸し出しているという又貸しの図式です。

したがって、消費者金融の利益というのは、銀行から借りた原資の金利から、庶民へ貸し出して得た金利の差になりますが、それからさらに必要経費や人件費を差し引いた額が、利益となるわけです。

0

ノウハウの差

資金調達で決定的な差があるのだから、普通に考えれば銀行のほうがはるかに有利であると考えてしまいますが、結果として銀行は不良債権に苦しみ、消費者金融は空前の利益をあげていたのです。

もっとも、銀行が不良債権に苛まれたのは、個人への融資ではなく企業への融資が焦げ付いたことによりますが、しかしあくまでも担保や保証人に拘り、個人ローンに躊躇していた銀行の本質にこそ問題があると考えます。

そして、銀行と消費者金融の大きな差は、個人融資のノウハウの差であったと考えられます。

消費者金融は昭和30年代からすでに無担保無保証での

個人融資を開始しており、一旦は高金利と過酷な取り立てなどが社会問題となったことから、衰退していた時期もありますが、しかし独自のノウハウで盛り返してきたという実績があります。

そういった独自の個人向けローンのノウハウこそが、銀行との決定的な差に繋がったものと考えられます。